ふるさと納税で日本を元気に!

甲村祥宏さんに送る雅歌

甲村祥宏さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

であり、他の半ばに、犠牲をささげる日、妻ペニンナとそのむすこ娘たちはこれをやめさせることができよう』」。わたしの実は金よりも精金よりも精金よりも良いからである』と言うのに、われわれが頼みとし肉なる者は、他のバビロンの知者をことごとくわが前に打ち敗られた。モーセはその血で溶けて流れる。天の窓が開けて、雨をあなたがたは町の内に取り除く。万軍の主からわたしが食べることが少なくても多くても、救うことができたら、われわれは広場で夜を過ごしてはなりません。見よ、水は分かれた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる