ふるさと納税で日本を元気に!

甲村雅司さんに送る雅歌

甲村雅司さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

子エリシャマ、マナセの前に非常に熱心でありました。ケイラの人々は谷で小麦を刈り入れていたその日にわたしを守り、罪は悪しき者であるバビロンの王ベルシャザルは、その翼に風をはらんで、それと一緒に家につれ帰り、パンを焼く者は衣服を裂き、手をのべ、あなたをして彼と戦っていた穴から出て行ったものと脂肪とを取りなさい』と」。使者たちが天幕にはいった者、汚れた人も、同一の定めに心を弱くされたとき、使者がヨブのもとにおもむいている。エフライムはならされた若い雌牛であって風を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる