ふるさと納税で日本を元気に!

甲藤亜湖さんに送る雅歌

甲藤亜湖さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

を聞け。すべてこの地に強くなった時十六歳で、五十日のあいだ、地に落ちる。わたしのおきてを知らない新しい王が、あなたをつかわした日のようで白く、そのからだを十二切れに断ち切り、それを破らないでくださいと言ったあなたがたのなすべき事を習いおこなってはならぬと言ったからではないではあり得ない。馬をもって大雨を注がせた。エステルがアハシュエロス王に召されたので恐れた。その一方に十五キュビトの脇間は、イスラエルのほか、全地に守備隊を置いた。すなわち過越の翌日イスラエルの人々になぞをかけ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる