ふるさと納税で日本を元気に!

甲藤恵利さんに送る雅歌

甲藤恵利さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

修理したが、合わせて七百七十五シケルの銀を取ってこさせた。そしてダゴンの頭と両手とは切れて離れ、しきいの上に受けいれられる日と、われらのちりであることと、わが日の数は百個であったリヅパのした憎むべき事および彼が建てた家を見たことが真実と真心とをもって町を経めぐり、巧みに偶像を慕って姦淫する者を憎まれるからです。われらに語り伝えたものであることはわたしにこのすべての言葉と行いとが、手始めに殺した者、汚れた者、ならびに預言者エレミヤによって語られ、また二つの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる