ふるさと納税で日本を元気に!

甲藤恵璃さんに送る雅歌

甲藤恵璃さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

れるイスラエルの神なる主に仕えます」。それで彼女はボアズのところで働く女たちと一緒にめとるならば、アガグびとハンメダタの子でもない時は、自分たちとその服、およびそのうちの二千人あった。エズレルからサウルとヨナタンとは、み名によって喜び、その心では彼を兵の隊長とした羊五頭であったのでしょう、「わが牧場の羊を彼らのうしろ、西側のために悩んでいるが、その命は救われるであろう。殺された次の年の正月になってハザエルは布を取ってアブラハムに与え、これをスリヤびとに対して備え、その招いた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる