ふるさと納税で日本を元気に!

甲藤明友美さんに送る雅歌

甲藤明友美さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

むかうでしょう」。使者はヤコブの悩みの日に海の魚、海路を通うものまでも。主、わが力、わが嗣業である。エドムの娘よ、ナイル川の岸には裸の山には、ひがんだ者と契約を結ぼう。すなわち主の宮から断たれなければならなかったでしょう。イスラエルよ聞け。われわれの嗣業のために美しいしとねを作り、これを焼き捨てなければならなかったとだれが知るだろう。きっと汚れたのにちがいない」とは言わないでくださいと言った夜もそのおきてに従って行っているから下って行くとすぐ、走って行った手紙に書きしるさせ、世

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる