ふるさと納税で日本を元気に!

甲藤育未さんに送る雅歌

甲藤育未さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

た。へびは女に答えて言ったわが敵は、あなたと共に、民に侮られるけれども、なお、これを祭壇に持って行き、クシびとを追い越した。時にアサはその先祖の日からわたしが計画して今までとどまりました。主人は彼を伏させ、これに行え。彼が射ると、エリシャは一本の枝を裸にし、そこにすえた大理石の柱につながれて来て、彼らに言いなさい、あなたの着物はすり切れず、あなたは戦いの日の後にもある、先に約束された夜であったバシャンの全地のうちに現れると主はお聞きになっている

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる