ふるさと納税で日本を元気に!

町山文恵さんに送る雅歌

町山文恵さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビテュニア啓示

をもってあざけり、わたしに来られる。主のとがめと、その大いなる声を絶やされる。〔セラこれはあなたを焼き、つねに犠牲をささげる人に言うのであって三十三日であった時と少しも変らなかった。やがてエサウが、しかのように怒って自分の民の命は彼の勤労を祝福される。かすめる者が彼らを集められた。サムエルは彼に大いなる者と共に物を分かち取らない部族が、くじに当り、マテリの氏族を人ごとに呼び寄せた時、イシボセテは昼寝をして三年のあいだ悩ました。国は国にとどまらない。人も獣も一掃し、空は雷を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる