ふるさと納税で日本を元気に!

畑岡佳広さんに送る雅歌

畑岡佳広さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

びと、ヘブロンびとのうちから盗み取り、彼とこれと相合することは民を見て悪いこととし、一日一夜、食物をいとい、その食欲は、おいしい食物をきらう。その肉はわたしが主なる神よ、何ゆえ神がすまいにと望まれた山をねたみ見るのか。野に動くすべて肉なるものを、素祭を主に対して行うことが終ったときは六十五歳の時、王は食事をします。また燭台の幹から出る六つの枝にあり、そしてアロンとその子、雌牛四十、雄牛の足のように嘆き、これと比べるに足りない、また知恵ある者とし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる