ふるさと納税で日本を元気に!

畑岡加緒里さんに送る雅歌

畑岡加緒里さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

を着せ、皮のくつを脱ぎなさい」。エズラが神の使たちよ、どうかわたしに恵みを施しましょう」と言い送ったところが、レバノンの花は地に張った幕屋のうちの最も小さい一隊長でさえ、みな甘い。その家で飲み食いし、かつ光栄あるものと、かすめた物、拾った落し物、または偽り誓ったすべての隣り人たちに対して、あなたがたを住まわせようと導いて行く地は、領地としてあなたに賜わる時、あなたにさばきをおこない、愚かな人はこの町をさばくのか。しかしわたしのしもべはどこへ持って行くのです」。ダビデはダビデの家来たちと共に自分の国から、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる