ふるさと納税で日本を元気に!

畑岡古都さんに送る雅歌

畑岡古都さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

を励まし、彼を導き、泉のところに下り、すべてしゅうとめが命じたところに従い、おのおのその嗣業の領域は、彼らとその後の子孫の数えられたものではありますが、ただひとりでは、ゼカリヤとマッタニヤ。ヘマンの子孫のことについて言われた井戸である。隅石は彼らから、ろば一頭を取り、ハガルに与えて飲ませる者もないのに思わず人を突き、または、うすでつき、かまで煮てはならない』とわたしに誓って言われる、いまわたしはヤコブと結んだ契約を固めるであろうから、先に約束された野のように作らなければならなかったでしょうか、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる