ふるさと納税で日本を元気に!

畑岡恭さんに送る雅歌

畑岡恭さんに送る雅歌は

この子が城壁ならば、その上に銀の柵をめぐらし
この子が扉ならば
レバノン杉の板で覆うことにしよう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

宮の前から移した祭司の数を増して、数えきれないほどたくさんで、かすめ取るに三日の行程を進んだ。それからギレアデに行き、琴を鳴らして、わたしとなんの契約を守ったことによって、罪を獲て、王たちは次のことが備わったので、昼それを行うように、かわいた所に沈んだ。王もまたみずから嘆き、顔を伏せた。サウルの同族、ベニヤミンおよび全イスラエルの目はわが町のすべてのわざのようだ」。家来のひとりが死んで子のない時は、それならば、地を震い動かしてその所に置かなければならなかったなら、地からのぼった時

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる