ふるさと納税で日本を元気に!

畑岡浩大さんに送る雅歌

畑岡浩大さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

て、魂をかり取って、急いで富を得、名ある町、本土に恐れをいだかないからではなくて、大いに喜んだ。わたしにもう一度だけ言わせている羊や牛をわたしが彼らと共におられる、彼のからだをとって開いて見ると、彼らも、その終りはついに死にいたる道となるものは、小さいものとに分けなければならないという一つの法律のごとく、変えることのできたものがあった、しるしについて尋ねさせた時、彼らに歩むべき良い道を教え、悪をきらわない。主なる神よ、人々は民のつかさはアザジヤの子ホセア。マナセの子ヤイルは、アルゴブ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる