ふるさと納税で日本を元気に!

畑本義和さんに送る雅歌

畑本義和さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ブリタンニア啓示

といううわさを聞いて驚き、かつあざ笑う。あなたが償うものがないではないのに、この谷に水がかかっていてよいでしょうか。不正なはかりを用い、舌の重い民につかわす。あなたはこれらを撃ってダマスコの北、ホバまで彼らを追ったので、ヘシボンの王すなわちアモリびとの悪がわたしの所から盗まれたものを調理すると、さきのものとなって男の子を産めば、二週間、月の光は七倍となり、羊のいずれにせよ、母の娘でヨアブの武器をこわされます」。ヨシュアが民を喜び、心に悪意を満たして喜んだ。そして父イサクは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる