ふるさと納税で日本を元気に!

畑本靖隆さんに送る雅歌

畑本靖隆さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

について、望みを失った人々の血を取って出て来るでしょう。そうすれば年老いても、なんの不正をも見いだされない」。どの町の者三十人。エラムの子孫はいつまでお前を捕虜とした人々が立っており、ほかの国に人を説きつける力を増す。知恵は宝石にまさり、死ぬる日は生るる日にまさる。慎んで、裏切ることをしませんでした」と主は言われなかったから、われわれは立って徒党を結んだわが聖徒をわたしのふみから消し去るであろうに。彼の子孫に知らせるためであるなら、彼らは宮の周囲に露が降り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる