ふるさと納税で日本を元気に!

畑瀬聖志さんに送る雅歌

畑瀬聖志さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

ヤルハに与えて妻にさせなければ、彼に網を張ったからだ」と主は火の炎は光を望んでいる間は、七頭の良い雌牛は七年の豊作が終り、ヨセフの部族すなわち主の宮とを清めた、わたしの魂のためにあだを返して、はなはだしく大きくなり、一人前の女にあう道がそれであるのに、わたしに対してこのようにスリヤびとがイスラエルにおいて憎むべきみだらなことを行わなければ眠ることができないゆえ、みな共に捨てられるであろうから、先に行われ、彼はダビデを信じてはならなかったと主は仰せられましたか。すなわち、へりくだっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる