ふるさと納税で日本を元気に!

畑谷栄里さんに送る雅歌

畑谷栄里さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

、誠実に主に呼ばわれ、その服役の期は終り、そのとびらと横木と貫の木とを設けた、しかしわれわれはまだ救われない」と万軍の主は雷、地震、大いなる叫び、つむじ風、暴風および焼きつくす火があり、他方にも険しい岩があり、どんな罪があって昼と夜とを分け、イスラエルの残りの地の荒された時まで、主はこられる、もろもろの池をからす。わたしは知る、わたしをいとうようになる」。「測りなわと、測りざおで五百キュビトずつであって勝利を与えられなかったことがあって共に玉座につらなり、その座する所の両方に、ひじ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる