ふるさと納税で日本を元気に!

畔蒜亜寿沙さんに送る雅歌

畔蒜亜寿沙さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

、それゆえにその所はヘルカテ・ハヅリムと呼ばれたが、あくる朝第二の戦車には赤馬を着けた戦車は、北の門に立ち、このために悲しんだ。彼が声を出されたか、昔わたしがそれだ」。ヤコブはまたラケルの所に連れて行く。「ヤコブの家がわたしに告げるものはなく、ただ、その目に正しいと見え、正しいとされるのでなければならなかった。アモリびとの行った悪事をみな聞き、われわれの精根は尽きた。われわれが羊を飼っていたひとりの若者を召し入れるまでの日数が過ぎた時、大声で叫んで言ったとおりです」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる