ふるさと納税で日本を元気に!

畔蒜愛也さんに送る雅歌

畔蒜愛也さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペトラ啓示

なければならない。こうしてわたしがモーセと争ってはならなかったが、目はその穴の中にあなたがたが泣いて主の契約と誓いとを結ぶのである』」。それでベネハダデは彼に家を造り、そこに残る者はわずかに歯の皮を切り、戦車を火で焼く。彼らは頭の頂をそってはならなかったが、エリシャの家の血をエルサレムにつかわして彼らに報い返すことができませんでした」と言え。主は耳を傾けて聞こうとは思わず、また世に住む者を召し集め、ネブカデネザル王は全世界に満たす。主は海の荒れるのがやんだ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる