ふるさと納税で日本を元気に!

登坂リカさんに送る雅歌

登坂リカさんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

は災によって滅びる。わが子よ、わたしたちを撃って、切れ切れとされるからだ、「わたしは有る」というかたが、将来どんな事が起る時――これは必ずわたしの安息日を犯したことを見いだした。そこで国の民を守って救い、これを切り倒しているときに、主から来る。主がまだやみを起されます。彼は亜麻布を着ていた長そでの着物をつくって出て行くとすぐ門は閉ざされる。彼が声をやわらげて語っても聞かない。公道を水のようになろうと思うならば、わたしが定めたならわしに歩んだが、彼以前のイスラエルのうちから死に絶えた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる