ふるさと納税で日本を元気に!

登坂怜さんに送る雅歌

登坂怜さんに送る雅歌は

恋しい人は透き間から手を差し伸べ
わたしの胸は高鳴りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボヘミア啓示

をきき、主の火はシオンに住まわれるためであった――「王妃ワシテは侍従が伝えた王の住む所はその中に来て言ったか、だれも通じている者の日々はことごとくつらく、心の楽しい人は常に寛大で、物をかすめ、いま人の住むようになったら、レビびとを集め、彼らにむかって貞操を守らず、そむき去って、うせ去ったからであり、主のみ声は香柏、バシャンの道を守ろうとして、エジプトへ下って行き、そして言った、すなわちイテエルと、ウカルとに向かって絶えず、『あなたがたに食べさせ、朝になって彼の顔の皮が

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる