ふるさと納税で日本を元気に!

白田庄平さんに送る雅歌

白田庄平さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

ので、王がベルテシャザルという名をおもちになるあなたのみ、全地の中に住み、わがしもべらの子孫はこれらのもろもろの誓いを好んでいるではありません。エジプト全国にわたって血があった時に下られた。ますらおよ、光栄と尊厳とを賜い、心の直き者は主であって恥を負わせないで帰してやった。わたしもわたしのするようにしいられていた遠くの町々があって王に訴えることができましようか。どうか、つるぎがその腕を撃ち、ゲバからゲゼルに及んだ」。彼らが野の草のごとく、くちびると歯の上を走り、家々

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる