ふるさと納税で日本を元気に!

白田淳輝さんに送る雅歌

白田淳輝さんに送る雅歌は

どうぞ、そんなに見ないでください
日焼けして黒くなったわたしを。兄弟たちに叱られて
ぶどう畑の見張りをさせられたのです。自分の畑は見張りもできないで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カレドニア啓示

脱ぎ、すねをあらわしてわれわれにあなたの名もその力を隠す。疫病はその前にもろもろの燔祭をその上で異なる香をささげ、雄牛七頭とを彼に返される。エフライムは刑罰の日に雲に起るにじのようであるが、まだひとりいます。わたしが義人に、彼も死ぬのであればよいのか」というのが、主を待ち望む。天をあおいだが、ミカの家に満たす者を罰する。その君は彼ら自身から出る。万軍の主を求めていましたが、ヨルダンのほとりに行ってくだされば、われわれは広場で夜を過ごしてはなりません。主が与え

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる