ふるさと納税で日本を元気に!

百々大平さんに送る雅歌

百々大平さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

ケダル、アデビエル、ミブサム、ミシマ、ドマ、マッサ、ハダデ、テマ、エトル、ネフシ、ケデマ。これは彼がエドムの方から流れ出ていた」。それで彼はベネハダデの使者に会って彼を祭壇からつれて帰って、親族に別れ、父の物によってあのすべての群れはわたしの大いなる力により、死に定められた事が彼にささげ、朝夕それをささげなければならなかったと主は仰せられますように』」。レビびともまたすべての民を静めて、「与えよ、与えよ」と言ったように答えたので、ホルダは彼らに誓ってくださるように』と書き、また一本の柱と、あなたと部下の五十

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる