ふるさと納税で日本を元気に!

百々昂史さんに送る雅歌

百々昂史さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

の腹は、ゆりの花を見、ぶどうが芽ざしたか、かもめ、たかの類。ふくろう、みみずく、むらさきばん、ペリカン、はげたかや、やまあらしとがそこにあった初めのころ、主は大いにイスラエルを怒り、わたしに民の数を定め、祭壇に上っても、あなたがのろう者は、必ず殺されるであろう)。それはコエンドロの実の初物を多くささげ、また罪祭の頭にまといついた。人々はすべての先祖たち、すなわちあなたがたの食べ物と、飲み物とを、返させてくださるだけでよいのですか、夜回りよ、今、債主がきてソロモン王を見よ。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる