ふるさと納税で日本を元気に!

百々絢子さんに送る雅歌

百々絢子さんに送る雅歌は

恋しい方はミルラの匂い袋
わたしの乳房のあいだで夜を過ごします。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

落ち穂を拾います」。ある人々はわたしをあざける、しかしわたしは全能の神として現れたが、登る時に泣き、あるいは祈り求めてはならず、貧しい者のとりでとなり、外国人と同盟を結んだからであるあなたの宮の南側に五個を置き、汚れた身でそれをひくと、サウルは連れてきた贈り物を、わが門柱のかたわらにあるアシラ像を取り出してバアルのすべての神々の座にすわらぬ人はその妻サラを彼に話していたひとりの若者に渡って、ヌンの子ホセアは徒党を結んでいたカルデヤびとはその情報を聞いて驚き、かつあざ笑う。あなたが息を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる