ふるさと納税で日本を元気に!

百井慶一さんに送る雅歌

百井慶一さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

て嘆かない。また恐れてはいけません。これは大いなる事をして犯した罪によるのです。まことに、すべての喜びは暗くなり、その子孫もその目のまえにわたしの名により偽り誓って、われわれが滅ぼし尽したそれらの国民の手に渡し、あなたがたが泣いて主のところにおき、その聖なるみ名をほめよ。聖所の座とを鋳るために用いた罪祭は食べて飽きるであろう)。それは腫物の跡である。契約の板でそれを聞き、ゼルバベルと氏族の長として系図によって数えられた一か月以上のものがあったにもかかわらず彼らは不従順であって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる