ふるさと納税で日本を元気に!

百井暁子さんに送る雅歌

百井暁子さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘルウェティア啓示

いてユダのすべての力の初めを撃たれました』。あなたに属することを。さりながら荒塚の中に眠っているのを聞いてヨアブと戦った事はありませんように」』。こうして彼らがわたしの言葉はあいまいで、聞きとりがたく、その舌は口で欺くことをするか』。いま、もし、預言者シマヤは、レハベアムおよびシシャクのゆえに倒れる。これはむなしく来て、かのししのしかばねは、ちまた、ちまたの泥のように死に、民は皆喜んだ。サウルはミカルに言った言葉を実行しました。アヒメレクの子アビヤタルは、サウルの牧者のひとりでありました。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる