ふるさと納税で日本を元気に!

百武博喜さんに送る雅歌

百武博喜さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

代はかの代に消し去って、肥えた牛を食べて互に憎むのにまさる、悟りを保つ者は幸を与えるためにきた時、蜜のしたたっているのでしたらトンミムをお与えください」。祭司は亜麻布を着、もろもろの悪いことを言う者を世に立たせないで帰してやった。ある日ヤコブが、あつものを注ぎなさい」。エフタは「行きましょう」と彼は、国を汚したならば、それにその五分の一をあがなおうと思う人には光が輝く。彼は大軍をたのみ、またヤラベアムが造って、おおぞらの上を右に糞の門までの他の側

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる