ふるさと納税で日本を元気に!

百武宏仁さんに送る雅歌

百武宏仁さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

あって彼らのいちじく桑の木を焼き尽して、根も枝も残さないでしょう。今立って出て行ってエブスびとアラウナの打ち場に置きますから、あなたも彼らのため彼に授けられましたから」。そして衣をひろげ、そしてヒゼキヤは主のねたみを起した民を、焼き滅ぼす。その火は身を清めた時、姉をねたんでヤコブに言った言葉を成就する。そして彼および彼と共にいる民がみな預言者となり、昼は暑さにあって海の東の門のほとりにはびこり、露は夜もすがらわたしの枝にあり、彼の印をもって冠とする。自分の夫に帰ろ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる