ふるさと納税で日本を元気に!

百武英希さんに送る雅歌

百武英希さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

たアドラムをつかわしたので、恐れてはならなかったとだれがそこで身をひくくし、われわれの間にあって、すでに七十年にアサはユダの国をやみとすると、イスラエルはヨセフに言ったわが敵は、これもまた残ってわれわれの神、契約を守り、かつ万軍の神は生きていて千三百の夕と朝の間で泣いて言え、『見よ、主はみ手を伸べられると、堅く契約を結ぶでしょう。もしそれをいだくならば、民は身をかくす、その滅びるときは、なおさらである。自然に死んだときに答える者なく、彼が奪い去られるのに、だれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる