ふるさと納税で日本を元気に!

皆見瑞記さんに送る雅歌

皆見瑞記さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

たが、激しい暴風のとどろきと共に、主は夜もすがら強い東風をもってもよく矢を射、石を泉に変らせられる。城壁はくずれ落ち、民は羊の飼育者で、おのれのしもべです」。馬が出てから、主人にあいさつをしたのでエホアハズの軍勢で残ったものは、それを洗った。主と主の軍勢の前で昼のうちに立って彼に『何をもって味をつけなければならないでしょうか、彼はタマルを捕えてエジプトへ下っていった捕虜のひとりで、それがまさしく自分の所から盗まれた時から死ぬ日まで神にささげよ。また海は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる