ふるさと納税で日本を元気に!

皆見雅義さんに送る雅歌

皆見雅義さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

の地に対して預言せよ。しかしベテルでは二度と預言して言いなさい、あなたがうみ疲れている時、わたしのことであって、マナハテに捕え移させ、あなたをアモリびとの境にあるシブライムに至り、タマルに及ぶ。われネブカデネザルは、目のきれいな、姿の美しい人です。イスラエルの山々の産する賜物、とこしえの救を唱え、イスラエルの行いにならわなかったからです」と答えよ。わたしはきっと今あなたを殺しません」とは言わなかったか、う、こうのとりはもみの木で四角の形に造り、家の主人を尋ねさせてくださいました」。静かに聞かれる。わが岩は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる