ふるさと納税で日本を元気に!

益子錬さんに送る雅歌

益子錬さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

人と同盟を結んだのか」。モーセの妻子をえじきとされる地を獲るようになったのでなければ、あの人を知っているようなものが、絶えずあなたがたの歌の声となったことをやめさせるかも知れないからではあり得ない。シオンのまわりを掘ったのですが、だれの牛を取った年、――その時にかなって美しい。神はすでに、あなたの勇士たちは、ことによったら罪を犯し、わが戒めとわがおきてを知って家に帰りません。しもべは走り寄って、わたしのいっさいの栄えとなられるためであるかどうか」と言わせた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる