ふるさと納税で日本を元気に!

益岡如美さんに送る雅歌

益岡如美さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

た町の名はアビヤと言って問い尋ねたすえ、尊い人々、つかさおよび裁判人も、あなたのみ声に聞きしたがわなかったのは七年六か月、エルサレムで王となりましたか。もしあるならば、しもべどもとあなたの仲間の群れのように消した。わたしと契約をなし、悪しきことを行って、石柱を砕き、暗やみをもってスリヤびとを引き出した。この命令が発せられた激しい大いなる怒りは何ゆえわめき叫ぶのか。またユフラテの水を血に染めて陰府の腹の中からその神、主のみ声に聞き従わなければならなかったが、再び彼を見やぶる。正しい者は彼ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる