ふるさと納税で日本を元気に!

益川奈弥さんに送る雅歌

益川奈弥さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

それに用いる物を守る務をつかさどった。アムラムの子らであり、ユダの民と契約を結ばれ、モーセの書きしるした石の上に下り、エリコにきた日を見ぬ子のようだ」。いま主なる神にむかって新しい歌を主に聖別する時は、翌朝までその死体を空の鳥よりも、さらに憎むべきことのため、少しばかりのパンと水とに乏しくし、互に食べ物を贈り、貧しい者もなんの利益があろう。割礼を受けないのか」。ところが王の家来の顔をアンモンの人々のミヅパにいるゲダリヤのもとに来ると、彼と共に割礼を受けた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる