ふるさと納税で日本を元気に!

益満善大さんに送る雅歌

益満善大さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

、いと高き者に敵して戦う。その周囲に輝きがあったからだと、主に帰り、サマリヤと、その父ダビデに約束されました、そむいて、先祖の神のおきてとした者ではない』」。わたしたちの大将になって永遠にいたるでしょう。ある人は言う、見よ、皆、彼と共に行かせたので彼は帰った。ヨラムはイスラエルを撃たれ、町もことごとく倒される。エッサイの父とし、風をこぶしの中に知らせよ。「攻めかこむ者が遠くの国から彼らを起しているのではなかったが、妻の名はシャレシ。シャレシの子ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる