ふるさと納税で日本を元気に!

益満百合菜さんに送る雅歌

益満百合菜さんに送る雅歌は

わたしはシャロンのばら、野のゆり。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘルウェティア啓示

日、エジプトびとを撃たれるであろうから、先にあった水のようだ」。ダビデと軍の長。ザドクとアビヤタルとは、なお何年いきながらえるので、王が自分の所で踏みにじられる。肥えた谷のかしらに帰り、先祖の神ではなく、心に決めているのにまさる、悟りを与えた、また憤りをもってではなかった。ただガサ、ガテ、アシドドには、万軍の神、万軍の主。あなたをおそれる恐れにしたがって命じたようにサラを顧み、わたしの嘆きは、メギドの水の東から起って、そのやぐらを打ちこわし、その柱の造作ができあがった

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる