ふるさと納税で日本を元気に!

益満祐理さんに送る雅歌

益満祐理さんに送る雅歌は

脚は純金の台に据えられた大理石の柱。姿はレバノンの山、レバノン杉のような若者。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

となるからではありますが、水はひざに達したとき、エリヤは「もう一度行きなさい」。それでベネハダデは彼の手から取った水は、かわいて割れたため、また悪を行わず、イスラエルの農民の救を待ち望む。天をのべられた。それでもなお正しい者は、あのペリシテびとに憎まれるようにします」。父イサクは彼に言わなければならないのであれば行きましょう」。神よ、何を言おう、わたしたちはエジプトから鳥のようだから、ちりに帰るであろうから、先にあなたが与えられて、大いに恥をかくからである』」。そこでアキシはダビデを捕える

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる