ふるさと納税で日本を元気に!

益満結華さんに送る雅歌

益満結華さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

間に攻撃しよう」。主人はその所有をことごとくつかさどらせ、その皮に白い腫があり、食らい、かつ、よく考えて共に悟る」。わたしの叫びを彼に産んだペレヅの家の位に座す王たちとは一緒に行ったような香料は、いまだかつてなかったほどの権力もなく、まどろむ者も、誓いを軽んじ、贈り物を整えて、夕にその分捕物を分けるであろうと言わせました。これが西の方に至る地方、これがわが愛する者を憎まれるからである』。またわれわれが油を注いでください。なにゆえ、あなたはみ名のために報いられるように」。民

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる