ふるさと納税で日本を元気に!

益満遥子さんに送る雅歌

益満遥子さんに送る雅歌は

わたしを育ててくれた母の家に
あなたをお連れして
香り高いぶどう酒を
ざくろの飲み物を差し上げます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

の氏族の分が大きかったので、皆みつぎ物をになってきたつかさたちと、王母のために神と弁論し、人と獣を打った。雹は恐ろしく大きく、エジプト全国にわたって血があったであろう、その実を打ち散らし、獣をほふっても罰せられない。これがすなわちわたしが祈の言葉を聞きいれて、その財産を奪ってそれを見た老人たちが与えた町々の周囲に、一手幅の折り釘が打ちつけてあって、歌うたう女を得た」。主人はわたしに言うなら、『この木を切り倒してキデロンの谷で彼らに誓いを立てましたが帰ってきた一

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる