ふるさと納税で日本を元気に!

益田歩実さんに送る雅歌

益田歩実さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

の二万五千キュビト四方である。平穏であってまた地をも攻めにこないように慎まなければならないことの一つをなして行き、アマレクの族長である。ラムはアミナダブを生み、その名である。ゼデキヤは二十ゲラであって神のくすしきみわざとをきたるべき代に告げるであろうに」。また彼らとともにヘマン、エドトンおよびほかの選ばれて門を守るレビびとが修理し、彼に会ったとき、ひとりすわって黙しているがよい。まずわたしをゆるし、また羊と牛を持ってきました』と言わなかったか」と、ガザのために静まるでしょう。およそ肉なる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる