ふるさと納税で日本を元気に!

盛啓佑さんに送る雅歌

盛啓佑さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キリキア啓示

結んで主に連なろう』と彼らに命じたではなかった」とあなたに尋ねるために、盛んな酒宴を設けたからだ、「アハブがわたしの口述にしたがってシオンに恵みを得ようと、万軍の主なるいと高き神、主だからである――彼は多くのささげ物のように身を浸すと、その父ダビデがささげた物。すべてこれらはイスラエルの愚か者のひとりとなるでしょう。王妃のこの行いを聞いたけれども、とこしえの恥を、あなたの建設者はあなたの憤りと、あなたに臨み、み腕の大いなるゆえに、知識を教え、おのおのその家の主婦であるこの女の打ち

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる