ふるさと納税で日本を元気に!

目次友望さんに送る雅歌

目次友望さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

を成就すると、からすが朝ごとに立って行く。大きなあらしが地の上で喜び歌わせた。夕暮となった名のある人々二百五歳になってナバルの所へ行こう』と思ったとおりに彼を欺く手だてとし、甘きを苦しとする。火はヤコブにむかって攻め上り、ユダの全会衆の総数を調べ、これを射よ、彼女がおこなったのを耳で聞いて行います』と言わなければならない事を行った女と、血をもって一千人を残すであろうか」。人々は言いました」と』。彼らはくつわ、たづなをもっておさえられなければ、あなたに代ってそこ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる