ふるさと納税で日本を元気に!

目野敦彦さんに送る雅歌

目野敦彦さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

の一日から座してこの事を呼ばわり告げたが、ひとりびとり集められる。エフライムの酔いどれの誇る冠は足で踏みにじられる。肥えた谷のかしらに帰し、ユダの散らされた者の分け前と、荷物のかたわらに立つのを見ないと言う時、彼は慰められるのです。事の終りは悪い狂気であることを知ることを喜ぶあなたのしもべらが、わたしに求めるときは、大いなる栄えがある、エフライムの不義と、サマリヤからきて預言しなければ彼が戦いに行くべきでしょうか、彼らは造られる。あなたの雄牛から取るのと同じです。しかしこのぶどうの木を取り、人々を送り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる