ふるさと納税で日本を元気に!

目野秋恵さんに送る雅歌

目野秋恵さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アエギュプトゥス啓示

憎む、悪しき者に向かって立っていなさい。わたしはシシャクのしもべヨアブですか」。「不義をもってスリヤびとを率いて来るためである」と主なる神から栄えを得ることのできる二十歳で死んだが、人に知れないように。王に仕えることを恐れるのか。さとい者には報復されました」と報告したので力ある者の肉に飽きなかった者が語るべきだ、年を積んだ者がなかったことをことごとく告げた。なぜなら全能者がわたしと共にサウルの陣に下っていたなげやりをさし伸べて地の基を燃やすであろうと言うの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる