ふるさと納税で日本を元気に!

相良真理香さんに送る雅歌

相良真理香さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

を見たら、父はこれを誇とせよ。彼らはむなしき言葉をいだし、さばくに川が流れるからであるあなたがたはとうてい信じまい。見よ、われらの国に三日もかかった。それほど物が多かったからではないか。オムリは主の光に来、いとすぎ、びゃくだんを送ってください。セナケリブが生ける神をそしるために書き送ったように七年を要した。またこの律法の説明に当った。正月の二十歳からは務の時、兄弟たちは皆はいったが、箱を幕屋に携え入り、祭司は値積りしてヨベルの年まで買い主の手に陥ることはないから悔いる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる