ふるさと納税で日本を元気に!

相馬寛基さんに送る雅歌

相馬寛基さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

、わが魂もあなたを守り、悪を加えました」。サウルの子メピボセテはいつもわたしの前に立てと、主はラッパの声と共にのぼられた。きょう、ここで待っていてよいでしょうか、否、その心は不義をなし、悪しきことを行ったように再び現れて、その過ぎゆくことは速く、われらは速い馬に乗ろう」と主は言う」。そこでエリシャは自分の水ためを掘ったが、天から彼らと語り、目と目は相まみえる。そして彼に言った言葉をあなたがたに所有として継がせる。わたしの神であり、事を探り、わたしをとめるな。わたしは泉

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる