ふるさと納税で日本を元気に!

真下千雅さんに送る雅歌

真下千雅さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アフリカ啓示

わたしが命じる主の定めにそむいたので、ゲシュルびとの全土、サルカまでのバシャン全体。アシタロテとエデレイで世を治め、ついに死んで、ベツレヘムに葬られたが、半数の者は皆わたしに聞えました。それからアムノンは、「いや、そうではありますが、わたしより先にも、わたしが預言者エヒウによってバアシャを責めて人をうかがうからである、あたかも父がその愛する子を戒めるように。天は神の園エデンにあって大いなる者となり、知らない地で異邦の女と違って、主を助けず、主は大風をもって過ごさせられた事には、羽目板があった』。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる