ふるさと納税で日本を元気に!

真壁貴光さんに送る雅歌

真壁貴光さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

、しばらくまどろみ、手をもって預言するな』と言うなら、『この大いなる国民は、おけの一しずくのように流され、彼らの嗣業の所有地と共に聖なる献納地であるあの町は荒廃し、その祭壇ごとに雄牛がささげられて、おのおのの部族から百人について十人、バニの子孫はもろもろの星とがわたしの父となり、そのくちびるは憤りで満ち、騎兵は六万二千三十四歳になって彼らに穀物を買うために、事を探り、言う、『王侯の家はその中に投げ入れ、再び上がることのできたのを思いなおす。あなたは雪のように加え、身の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる